代表取締役社長 : 落合 雄一
 
 

ゼロエミッションを目指して

 昨今、一般的に使用されている塗料は、主に石油製品を原料としています。
しかし、100年以上前は、当然のごとく自然の中にある材料から塗料を作り出し、又その方法
などが伝授され受け継がれてきました。
現在では、科学の進化と共に(又コスト面でも)石油などの原料から塗料を作る方法が主流と
なっていますが、それと同時に沢山の弊害も生まれてしまいました。
VOC、ホルムアルデヒドなどによるシックハウス症候群。。。
結局、先人達の教えを大切に伝えてきた技は、人にやさしく地球にやさしいことが解ってきました。
そこでエコペイントは、LCA(ライフサイクルアセスメント)を大切に考え、自然系塗料、そして最新の
塗料の中でも人に地球にやさしい塗料を販売、正しい施工指導などをしていきたいと思っています。
 
 
 

施工への思い

 
 
  私は、塗料販売をしていて、いろいろな疑問にぶつかりました。
現在、各現場で行われている塗装工事は、施主様のための工事なのに、工事を行う建設業者のための工事とその都合で仕様が決まって
しまっているようで。。。

それは、本当にこれでいいの?

現場の施工店(職人)さんと打合せをする時、決まって単価の話になり少しでも安くすることが第一になってしまい。。。
それでもある意味仕方がないと思っている時期もありました。
しかし、同じ手間を掛けるなら大切な材料の選択と施工方法、正しい工事を行えば、お客様にも心から喜ばれ、その結果が長い間には、
自分に返ってくると思っています。

 
 

新たな取組み

 
 
  そこでエコペイントは、単価の前にまず 「人の健康」 があり、次に 「正しい材料選び」 と 「正しい施工方法」 そして最後に 「適正価格」
の順番が正しいと考えております。
本来あるべき形の家造りに今一度改め直し、施主様が望むべき施工を行い、心から喜んでいただける仕事をしたいと思っております。
  塗料販売店の立場から見て、一般建築(新築・リフォーム)の屋根・外壁・内装・防水・コーキング・ボンドなどに合せ、さまざまな材料が
各メーカーさんよりそれぞれ用意されています。このような中から、よりベストな塗材を選ぶのは簡単ではないと思います。また、1メーカー
だけでは、どうしても自社取扱いの長所だけの説明で終わりますが、本当にそれが正しいのでしょうか?特に自然塗料の分野では、小さ
な会社からさまざまな新商品(塗料・左官材)ができ、販売されております。
材料を扱いだし12年目になりますが、各メーカーの長所・短所が正しいのか、それとも疑わしいのか、それを見極めるべく日々努力してお
ります。
  各メーカーの説明では、“天然材料をベースに使用しているので安心・安全です” “調湿・吸着機能があるため”...などと効果効能を謳っ
ております。しかし、それらの製品が実際にどこまで検査を行っているのか解りません。おそらく大半が自社内の検査結果であったり、お客様のアンケートからと曖昧なデーターが多いようです。
  その中から材料屋としての知識も含め、よりベストな健康にも害の少ないモノなどを選択し、皆様に安心して扱っていただける塗料、材料選びと施工方法を提案していきたいと思っています。

 
商 号 エコペイント株式会社
 
創 立 平成18年8月1日
 
代表取締役 落合 雄一
 
資本金 8,000千円
 
事業内容 塗料全般、塗装機器、副資材の販売。施工管理。廃塗料収集、処理。
 
所在地 東京都あきる野市秋留1−5−6
 
取引銀行 東和銀行、多摩信用金庫
 
主な取扱先 イケダコーポレーション 日本オスモ プラネットジャパン アーテック工房 富士川建材工業
 
日本ペイント 水谷ペイント 日本特殊塗料 エスケー化研 好川産業、大塚刷毛、精和産業
 
 
〒197-0828
東京都あきる野市秋留1-5-6

TEL:042-506-8878
FAX:042-506-8998
 
 
 
大きな地図で見る
 
 
 
  ホーム  エコ塗料  塗替リフォーム  エコトレハウス  廃塗料の回収  ICASの家  ショッピング  お問い合わせ  プライバシー  会社概要